.comment-content a {display: none;}

Saturday, 18 January 2014

限界(げんかい)を考(かんが)えずに夢を捕(つか)まえます

Diposkan oleh Reffi Seftianti di 16:58
Response 
(ゆめ)を捕まえることは人のせいぎと自由的なものです。夢があったら、色々なことができるのは現れます。たとえば、会社が建てられ、有名な歌手になって、他のこともたくさんあります。しかし、時々他のひとによると、夢をおいかけるのは無理(むり)なことだそうです。それに、実は夢を()いかけ(はじ)めるとき、いつも自信(じしん)があります。でも、努力(どりょく)にわたって急にその自信が消えられます。
  そして、うたわがしい気持(きもち)()すすることにも、たくさんあると思います。まず、夢を捕まえるため、ステップのリストを書いてもいいです。はじめのステップ、を()めたあとで、次のステップをやってください。たとえば、日本へ留学(りゅうがく)するために、もちろん漢字を覚えしし、文法も勉強しなければなりません。安易な問題から難しい問題まで勉強したほうがいいと思います。

しかも、けいべつする人がいても、()しくならないほうがいいと考えています。私たちの心には「頑張ろう、夢を捕まえられる時、きっと(うれ)しくなりますよ。」と言います。失敗(しっぱい)する場合、降伏(こうふく)しなくてもいいです。間違ったことを(さが)して、それで、すぐに(なお)します。また、努力を(つづ)けます。

ですから、夢があるのは(こわ)くならなくてもいいと思っています。日本語の(ことわざ)が「(わか)いかを、もっと未来(みらい)を力に」とかかれています。頑張れば頑張るほど夢を捕まえられるはずです。

0 komentar:

Post a Comment

mohon memberi komentar dengan sopan dan tidak mengandung SARA .. terima kasih telah berkunjung ^_^


 

Kata Reffi Copyright © 2012 Design by Antonia Sundrani Vinte e poucos

badge