ベチャックというのは三台の車輪を使っている運送である。ベチャックはインドネシアの地方によく見つかれている。ベチャックの乗客は二人だけ運ばれるが、ときどきベチャックの運転手は二人以上の乗客を運ばれる、それは危ないと思っている。社会人にとって、ベチャックの運転手になるのは難しくない。高い失業率がある地方にあって、大勢の失業者はベチャックの運転手として働いているそうだ。

それに、インドネシアにあるベチャックの種類は次に教えている、
·       ジャワ島のベチャックは普通、乗客は前の運転手に座っている。

·        スマトラ島のベチャックの運転手は乗客のそばにいる。そしてそのベチャックはふたつの種類が分けられている。まず、ベチャックの運転手はオートバイに乗っているどうりに乗る。次に、バイクの機械が調整されたベチャックもある。


しかし、1980年にジャカルタでベチャックは禁じさせられていた。しかも、他の町でベチャックは観光のシンボルとして紹介されている。たとえば、パシタン、ヲノギリ、ソロ、スラカルタという町でベチャックは観光客によって好まれている。

私にとって、ベチャックで乗る場合、楽しいことが感じられている。新鮮な空気や、となりの周囲などながめることができる。廃液ガスもないと考える。